予定表

2013
  • 2013年12月、ピアコインから分岐して誕生。
2014
  • STUN IP検出を追加して、Dyndns.org. が配布する集中型の市販品の使用を削除。
  • Name-Value Storageを追加。外部ブロックチェーンベースサービス用の万能なプラットフォーム。
  • EmerDNSを実装。分散型ドメインシステムで、取消できないドメイン名と強力なDNS基盤を提供。
2015
  • ブロックチェーンベースのセキュリティサービスを考案して実装。
  • EmerSSH。分散型の公開鍵基盤とアクセス制御リスト。
  • EmerSSL。パスワードのいらない認証と安全なウェブログイン。
  • InfoCard。電子版の名刺でEmerSSLと連携して作動。
  • EmerDPOとEmerTTS、Magnetのコンセプトを考案。
  • Emercoinが正式にLivecoin.comとCryptopia、YoBitに登場
  • Coinmarketcapが公開している仮想通貨トップ20リストにEmercoinが掲載される
2016
  • Emercoinが正式にBTC38とхBTCeに登場
  • 国際連合と協力
  • MicrosoftのBaaSプログラムと、Microsoft Azureの 「ブロックチェーンエンジン」アプリと提携。
  • Kolionovoの施設でEmerDPOをはじめて実践使用。
  • トランザクションオプティマイザー。ブロックチェーンを余計なインフレから保護。
  • 分散型チェックポイントと動的なチェックポイント。
2017
  • レッドハットの公認ソフトウェアカタログにエマーコインが収録される。
  • 3つで1つのマイニング方法:POSとPOWとマージマイニング。
  • 徹底した分散化など中核部分を大きく改善。
  • 外部交換API(Shapeshift、Coinreform)で、エマーコインと他の暗号通貨との素早い交換を実現。
  • ブロックチェーンベースのテレコミュニケーション・プラットフォームであるENUMERを考案して実装。
  • Web Explorerで公開テストネットを開始。
  • UnaDeskは不動産と公共事業市場の分散化に努め、Emercoinブロックチェーンを活用しています。
  • 技術採用事例:Deloitte、eZuce、ロシア鉄道、SipXcom、HashCoin、AbitSystems
  • Emercoinが正式にHitBTCとIndacoin、BITTREX、USDXに登場
2018
2018年は、引き続き機能の実装と新サービスの追加を計画中。今後の予定:
  • Segwit対応でコアカーネルを改良し、DNSサブシステムを備えたコアウォレット0.7.0のリリースを予定。
  • ATOMの実装を完了。安全なプロトコルが、エスクローのないピアツーピアでNVSレコード(DNS、土地の権利など)の販売を実現。
  • 次世代の宝くじモデルの支払いアグリゲーションである「Randpay」を実装。
2019-2021
今後3年で当社が予定していること:
  • 既存サービスの改善と普及を実施し、新製品や新サービスを開発。
  • BitfuryのExonumプロトコルと統合。
  • ライトニングネットワークと統合。
  • 独自の認証局を作り(または既存の認証局との連携を確立)、EmerDNSにあるウェブサイト用のSSLサーバ証明書を生成。
  • 独自ブラウザ(Chromiumエンジンベース)を開発して、「すぐに使える」エマーコインのサービス一式を提供。当社の認証局の信頼できるルートと、EmerDNSへの透明性の高いアクセスなどを備える。
  • EmesLNXの成果報酬型モデル用広告システムを再設計。
2015
  • Emercoinが正式にLivecoin.comとCryptopia、YoBitに登場
  • Coinmarketcapが公開している仮想通貨トップ20リストにEmercoinが掲載される
2016
  • Emercoinが正式にBTC38とхBTCeに登場
  • 国際連合と協力
2017
  • UnaDeskは不動産と公共事業市場の分散化に努め、Emercoinブロックチェーンを活用しています。
  • 技術採用事例:Deloitte、eZuce、ロシア鉄道、SipXcom、HashCoin、AbitSystems
  • Emercoinが正式にHitBTCとIndacoin、BITTREX、USDXに登場
2013
  • 2013年12月、ピアコインから分岐して誕生。
2014
  • STUN IP検出を追加して、Dyndns.org. が配布する集中型の市販品の使用を削除。
  • Name-Value Storage。外部ブロックチェーンベースサービス用の万能なプラットフォーム。
  • EmerDNSを実装。分散型ドメインシステムで、取消できないドメイン名と強力なDNS基盤を提供。
2015
  • ブロックチェーンベースのセキュリティサービスを考案して実装。
  • EmerSSH。分散型の公開鍵基盤とアクセス制御リスト。
  • EmerSSL。パスワードのいらない認証と安全なウェブログイン。
  • InfoCard。電子版の名刺でEmerSSLと連携して作動。
  • EmerDPOとEmerTTS、Magnetのコンセプトを考案。
2016
  • MicrosoftのBaaSプログラムと、Microsoft Azureの 「ブロックチェーンエンジン」アプリと提携。
  • Kolionovoの施設でEmerDPOをはじめて実践使用。
  • トランザクションオプティマイザー。ブロックチェーンを余計なインフレから保護。
  • 分散型チェックポイントと動的なチェックポイント。
2017
  • レッドハットの公認ソフトウェアカタログにエマーコインが収録される。
  • 3つで1つのマイニング方法:POSとPOWとマージマイニング。
  • 徹底した分散化など中核部分を大きく改善。
  • 外部交換API(Shapeshift、Coinreform)で、エマーコインと他の暗号通貨との素早い交換を実現。
  • ブロックチェーンベースのテレコミュニケーション・プラットフォームであるENUMERを考案して実装。
  • Web Explorerで公開テストネットを開始。
2018
2018年は、引き続き機能の実装と新サービスの追加を計画中。今後の予定:
  • Segwit対応でコアカーネルを改良し、DNSサブシステムを備えたコアウォレット0.7.0のリリースを予定。
  • ATOMの実装を完了。安全なプロトコルが、エスクローのないピアツーピアでNVSレコード(DNS、土地の権利など)の販売を実現。
  • 次世代の宝くじモデルの支払いアグリゲーションである「Randpay」を実装。
2019-2021
今後3年で当社が予定していること:
  • 既存サービスの改善と普及を実施し、新製品や新サービスを開発。
  • BitfuryのExonumプロトコルと統合。
  • ライトニングネットワークと統合。
  • C独自の認証局を作り(または既存の認証局との連携を確立)、EmerDNSにあるウェブサイト用のSSLサーバ証明書を生成。
  • 独自ブラウザ(Chromiumエンジンベース)を開発して、「すぐに使える」エマーコインのサービス一式を提供。当社の認証局の信頼できるルートと、EmerDNSへの透明性の高いアクセスなどを備える。
  • EmesLNXの成果報酬型モデル用広告システムを再設計。
気になることはありませんか?
お問い合わせください
お問い合わせください
登録して最新情報を受け取る